■メヘンディレッスン、ワークショップ

メヘンディのレッスンを受ける意味

2016/08/04

ハート*フールでは、メヘンディのプライベートレッスンをお受けしております。
レッスンの内容については、ハート*フールのサイトや、過去の記事をご確認くださいませ。

メヘンディのレッスンは、まずは基礎から、ということで、
メヘンディの基礎知識や、ペーストの作り方を学ぶ、
ベーシックレッスンを受けていかれる方が一番多い
です。

カスタマイズレッスンでは、
お客様のご希望に合わせ、内容を自由にアレンジできることもあり、
描く練習はもちろん、
イベント出店の際の準備アドバイス
活動をしていく上での広告・宣伝のご相談など、
できる範囲で色々レッスンしています。

さてこのレッスンですが…

誰かのレッスンを受けるだけで、きれいなメヘンディが描けるようになる…
そんな夢みたいなことはありません。
どれだけレッスンを受けても、
ご自身でコツコツ練習を続けていただかなければ上達しません。
「大切なのは、レッスンに来ることではなく練習すること」です。

では、レッスンを受ける意味って何でしょう?

【レッスンを受ける意味】
・改善した方がいいところを客観的に見てアドバイスしてもらえる
・改善の方法や練習方法をピンポイントで教えてもらえる
・改善方法をピンポイントで知れるため、効率よく練習できるようになる

これがレッスンを受ける意味。

自分で試行錯誤するのが好きとか、
時間がかかってもいいのであまりお金をかけたくない…という場合は、
レッスンを受けず自分自身で練習されるのが、一番お金もかかりません。

ハート*フールのスズケー自身も、メヘンディは完全に独学です。
誰かに習ったことは一度もないです。
ひたすら自分で試行錯誤しながらやって来ているので、
細い線をひくにはどうすればいいのか・どんな練習をすればいいのか、
どうすればきれいに見えるのか、
安定した線をひくにはどうすればいいのか、
こういうことを把握するまで、とても時間がかかりました

今でこそ、色々試してみたなぁ…と、いい思い出ではありますが、
あのとき誰か人に聞くことができたら、コツを教えてもらうことができたら、
もっと早く、そして苦労も少なく、上達できたんだろうなぁ
と思います。

効率の良さと時間をとるか、お金をとるか、
これは人それぞれ考え方や都合なども違うでしょうし、
ハート*フールでは「レッスンを受けた方がいいよ!」というゴリ押しはしていません。

「独学でも十分習得できますが、
どうしても自分一人では解決できなかったり、行き詰まった時にはいつでもどうぞ」

とお伝えしています。

ベーシックレッスンを受けていただくのも必須ではありませんし、
ただ描く練習だけをしたいと、最初からカスタマイズレッスンのみを受けていかれるのも
もちろんOKです。

必要な時に必要なだけ、必要なことを、最小限の費用で。
そんな風にハート*フールのプライベートレッスンをご利用いただければと思います。

o0425056713312503030

-■メヘンディレッスン、ワークショップ

テキストのコピーはできません。