├メヘンディ・ヘナ関連トピックス

ヘナペーストを作る際の3つのこだわり

2016/07/30

o0567042513186033161
メヘンディを描く上で、とっても重要なのがペースト作り。
ペーストが上手くつくれるかどうかで、メヘンディの描き心地もだいぶ変わってきます。

ペーストの作り方は、人それぞれ。
何を入れるか、どんな固さにするかなど、
各アーティストごとに好み・こだわりがあると思います。

ハート*フールのスズケーが、ペースト作りで一番気にしているのは

・染まり(できるだけ濃く染まるように)

・固さ(用途に応じて使いやすい固さに)

・安全性(肌への刺激や負担を減らす事)

です。

メヘンディは肌を染めて楽しむ物ですから、染まりを気にするのは当然ですが、
それだけでなく、自分にとって使いやすく描きやすい固さのペーストでなければ
きれいなメヘンディを描くことはできません。
また、人の肌に施す以上、安全性にも考慮して、
できるだけ肌への負担を少なくするというのにも気をつけています。

メヘンディはヘナという植物を使って肌を染めるボディペイント。
当然ですが「植物・天然のもの=絶対安全」というわけではありません。
例えば同じ植物でも漆(うるし)なんかは、かぶれをおこしやすいとして知られていますよね。
ヘナも安全性の高い植物ではありますが、誰にでも絶対安全と断言はできません。
ヘナの成分で肌に刺激を感じる人も中にはいますし、
また、メヘンディの場合は、ペーストを作る際に混ぜたものによって
肌に何らかの反応が出てしまう人もいます。

ペーストに混ぜる物、とくに精油に関しては、
先日、ハート*フールのサイトのトピックスに情報をまとめましたので、ぜひご確認ください。

メヘンディ・インド関連トピックス
http://www.mehndi.jp/topics.html

ヘナペーストに入れる精油の効果とリスク
http://www.mehndi.jp/topics/topics_mehndi016.html

私も常に、よりベストなペーストを作るために、試行錯誤しています。
ペーストの作り方は、ハート*フールのサイトにもアップしていますし、
マリア書房さんの「Mehndi design book」にも掲載されています。
ただ、現在のスズケーのペーストの作り方は、これらにアップされているものよりも
ほんの少し改訂されています。
常にベストを目指してブラッシュアップされているという事で、どうかご了承くださいませ。
(大きく変わる事はあんまりないのですが…)

スズケーが今、どんな風にペーストを作っているかを知りたいという方は、
ぜひ、ハート*フールのメヘンディのレッスンの受講を検討してみてくださいね!
レッスンでは、
その時スズケーが使っているのと全く同じペースト=その時のベストの作り方を
お伝えしています!

メヘンディ プライベートレッスン
http://www.mehndi.jp/lesson.html

- ├メヘンディ・ヘナ関連トピックス

テキストのコピーはできません。