■その他  ├ジャグアタトゥー

ジャグアタトゥーの取り扱いについて

2017/07/25

「ジャグアタトゥー」というのがあります。
メヘンディ同様、植物を使って肌を染めるもので、
メヘンディが茶褐色に染まるのに対し、ジャグアタトゥーは紺色に染まります。
色合い的には、よりタトゥーの雰囲気に近い印象です。

メヘンディを描いているアーティストさんの中には
最近、ジャグアタトゥーをやられている方も増えてきています。
ハート*フールのスズケーのところにも、
「ジャグアはやっていませんか?」
という問い合わせが来たりするのですが、
ハート*フールでは、ジャグアタトゥーの取り扱いはしていません。
今のところ、取り扱いを始める予定もありません。

理由としては、以前もちらっと書いたかもしれませんが、
仕上がりの紺色があまり好きではなく
私の描くデザインに紺色は雰囲気が合わないように思う事が主な理由。
そしてもうひとつ重要なのが、
テストをした結果、ジャグアタトゥーはかぶれる方が多かった、というのも
ジャグアタトゥーを取り扱わない大きな理由です。
o0567042513079241803この写真は、私が自分の上にジャグアインクを使用して描いたものですが、
紺色のインクの周りが、少し赤くなって、ぷっくり腫れているのがわかりますでしょうか?
ジャグアインクを肌にのせて少し経ったころ、
かなりの痒みとともに、ペーストの周りが腫れ、赤くなりました。
ペーストを落とし、患部を石鹸でよく洗い、しばらく経つと、
まず赤みと腫れが引き、その後痒みも引いていきました。

私だけでなく、複数名の方に試し描きをさせてもらいましたが、
私が試した範囲では、赤く腫れない方はいらっしゃったものの、
みなさん一様に「痒い」という事をおっしゃられました。
ジャグアを取り扱われているアーティストさんに確認すると、
やはり、痒くなったり腫れたりするお客様はいらっしゃるとの事でした。

ジャグアタトゥーは、
熱帯雨林原産のゲニパアメリカーナ(genipa americana)という果実の
抽出エキスを使って皮膚を染めます。
古くから南アメリカ原住民の間で使われてきたとされ、
染料自体は、この植物からとった植物性100%そのものですが、
現在日本で使用されているジャグアタトゥーのインクには、
より使いやすいようにという事なのでしょう、
ジェニパアメリカーナの抽出液に加え、
キサンタンガム、ソルビン酸カリウム、クエン酸、アルコール、ローズマリーといった
添加物が加えられています。

イチゴやピーナッツ、エッセンシャルオイル等にアレルギーがある場合は
かぶれや痒み等の症状が出やすい、とされていますが
私も、試し描きをさせていただいた方達も、アレルギーは持っていません。

成分を調べてみたところ、
ジャグアインクに含まれているソルビン酸カリウムは、
化粧品にも防腐剤として使用されている成分ではあるものの、
化粧品かぶれの原因になるとも言われており、
また、クエン酸は酸性度がとても高く肌への刺激が強いということがわかり、
おそらくはこの二つが原因なのではないか、という判断になりました。
ただ、メヘンディに使うヘナペーストとは異なり、
ジャグアインクは一般的にすでに出来上がっているペーストを購入する形になるため、
自分自身でインクを作りながらひとつずつ成分を入れたり入れなかったりして、
何が原因であるかということを特定する作業ができないため、
あくまでも推測にはなりますが…

メヘンディもジャグアタトゥーも、
古くから使われてきた植物性のボディペイントではありますが、
昔からほとんど変わらぬやり方を保っているメヘンディに対し、
ジャグアタトゥーはより使いやすくするように、添加物を混ぜて使用しています。
成分が異なる以上「昔から使われている安全性が高いもの」とは言えませんし、
添加物は全て化粧品に使われているものと同じと言っても、
使い方や分量を誤れば毒にもなるわけです。

どんな天然物でも、かゆみやかぶれなどのアレルギー反応が起こる可能性はあります。
もちろん、メヘンディに使うヘナに関しても「100%安全」と
言い切れるものではありません。
実際、ヘナのアレルギーの方もいらしゃいます。

ただやはり、
これまで十数年たくさんの方に描いてきて
腫れたり猛烈な痒みに襲われたり…という事がなかったメヘンディに対し
(知人でヘナで痒くなる方は2名だけいらっしゃいます)、
数名の方に試し描きをさせてもらっただけのジャグアタトゥーで
多くの方が腫れやひどい痒みの症状を訴えられるのを見ると、
安全面に不安を感じ、お客様に使用するのはいかがなものだろうか、と思うのです。
一時的なものだからと、痒みを我慢して使用しつづけて
長期使用の結果、何か問題が起きるという事も考えられますし。

今のところ、ジャグアインクを取り扱っておられる業者さんたちは、
この腫れ・かぶれ問題に対し、
特に対応をしていらっしゃる感じはないようですので、
もう少し、様子を見たいと思います。

そんなわけで、
ハート*フールでは、ジャグアタトゥーの取り扱いはしておりませんし、
今のところ、今後扱う予定もありませんので、
その旨、ご了承いただきますようお願いいたします。

それでもどうしてもジャグアをやりたい!という方はご相談くださいませ。
ジャグアインクをご自身でご用意・持参していただく形で対応いたします。
購入先等はご紹介いたします。
ただ、かぶれ等が出た際のフォロー等は一切できませんので、ご了承くださいね。
あくまでも自己責任で、という事で対応させていただきます。

ジャグアタトゥーの取り扱いや、依頼に関しては、
各アーティストさん・お客様の自由ですし、
大丈夫だと思われる方は、ご自身の判断でお楽しみくださいませ。

-■その他,  ├ジャグアタトゥー
-,

テキストのコピーはできません。