■オリジナルグッズ・雑貨制作、販売

メヘンディ柄のスマホケース

2016/07/29

o0567042512909638693ハート*フールのスズケーは、
雑貨の制作をすることはあまりありません。

3月26日にブログやfacebookページにアップした
メヘンディでプロになるには・プロであること」という記事でも少し触れているのですが、
自分の描くメヘンディに100%満足しておらず、それを形に残したくない、
というのが、雑貨制作を積極的に行わない理由です。
メヘンディを描く際は、その都度自分のベストを尽くして描いていますが、
あとから写真を見るたびに、もっと良くすることができたかもしれない、
と思うことがたくさん出てくるのです。

また、自分の描くメヘンディのクオリティが、
「商品」として販売するにはレベルが足りていない、と思うのも理由の一つです。
世の中には、色々なクリエーターさんが手作りの作品を販売されていますが、
とてもクオリティが高くて
一般の工業製品と一緒にお店に並んでも全く見劣りしない商品が多く、
本当にこれは手作りなんだろうか?と、驚くこともしばしばです。
それに対し、私がメヘンディの柄をペイントした雑貨を作っても、
やっぱりなんだか「ああ、手作りなんだね」という感じがあると言うか、
「商品」として販売するには、お粗末な感じがするのが納得できず、
雑貨制作・販売を積極的にしていこう、とは思えずにいます。

メヘンディは、手描きならではの味がある、とは思うのですが、
それはあくまでも、肌に描き、いつかは消えていくものだからこそ許されるもので、
販売されている「商品」に、線の乱れがあるのはよろしくない、と思うのです。
私の描くメヘンディは、線がビシッとした感じではないので、
どうしてもそういった「手描き感」が出てしまうのが、納得いかないのかもしれません。

実名を挙げてしまいますが、例えば、滋賀県で活動されているちえこさん
彼女の描くメヘンディは、「え?これ、手描きなの?」と疑ってしまう程、
線がビシッと安定していて正確です。
もし私が、ちえこさんの描くメヘンディのように綺麗な線を引くことができるのだったら、
きっとおそらく、雑貨制作も積極的にやっていたのではないかと思います。
過去に彼女が作成してきた雑貨作品は、本当にクオリティが高いです。

積極的に雑貨制作を行っていない私ですが、
全く行っていないわけではなく、
ご依頼があれば、
自分の出来る範囲で少しでも良いものを…と試行錯誤しつつ、
雑貨制作をすることもあります。

それが冒頭の写真。
メヘンディを描いているアーティストさんの中で、
おそらく最もポピュラーな雑貨制作の一つである、スマホケース(iPhone用カバー)です。

メヘンディ柄のスマホカバーと言うと、
ケースに絵の具などでメヘンディの図柄を描くだけ、というのが多いかと思うのですが、
私の手描き感溢れる図柄をちょっと描くだけで「商品」とする、というのが
どうしても納得いかなかったので、色々考えた結果、最終的にこんな感じになりました。

o0425056712909638694

ムスリム(イスラム教徒)の方が使用されるものなので、
イスラム教の国の国旗などでもよく使用されているシンボルである月をモチーフにしました。
下地を塗り、図案を描き、ラインストーンで飾り。
なんとか私的にも
これならば「商品」としてお渡ししても良いかな、という物ができました。

雑貨制作って、形が残るものだからこそ、本当に難しいです。
私もいつか他の作家さんたちのように、胸を張って自分の作品を「商品」として
紹介・販売できるようになれるといいのですが…
今しばらくは、悶々としながら細々とやっていくかと思います。

そんなわけで、雑貨制作については、積極的にご依頼をお受けしているわけではないのですが、
ハート*フールのスズケーの作る、手描き感溢れるもので良いと
納得してくださる場合については、
雑貨制作のご依頼をお受けしたりもしておりますので、
ご興味のある方は、メールフォームよりお問い合わせくださいませ。

>> ハート*フール お問合せ
https://www.mehndi.jp/contact.html

-■オリジナルグッズ・雑貨制作、販売

テキストのコピーはできません。