BLOG MEHNDI.JP

メヘンディ(ヘナタトゥー)情報や、レッスン・イベントなどハート*フールの活動をブログにて紹介

■メヘンディレッスン、ワークショップ

レッスンを選ぶ際の5つのポイント

2016/07/28

以前、
メヘンディのレッスンは誰でも開催できますか?
というブログをアップしましたが…

そこでも書いたように、メヘンディのレッスンは、
資格・経験など問わず、誰でも開催できる
ものです。
逆に言えば、
知識やスキルがしっかりしていない講師・先生もいるかもしれないということ。

また、レッスンと言っても内容は様々です。
コーンを渡されて試しに描いてみよう!というようなお試し的なものから、
ペーストやコーンの作り方から描く練習までを一セットにし、
全課程修了後にスクール独自の資格や認定証がもらえるものまで、
ほんとうにいろんなレッスンがあります。

一番多いのは、1日数時間で、
ペーストの作り方やコーンの作り方などの、
メヘンディをするのに最低限必要な実技部分を学ぶレッスン。
ハート*フールでいえば、ベーシックレッスンにあたります。

いろんな人がレッスンをやっているけれど、
できれば自分に一番最適なレッスンを受けたい!というのは、誰しもが思うこと。
レッスン選びのアドバイスとしては
「値段や場所気にせず、自分にあうと思うレッスン・講師を選ぶ」
です。
以下、レッスン選びの際に気にすると良いのでは?というポイントをまとめてみました。

【レッスン選びの5つのポイント】
1)目的・目標を決める
2)教える人が実際に描いたメヘンディや、その人の活動スタイルを確認する
3)レッスンの様子やレッスンを受けた人のスキルを確認する
4)アフターフォローの有無の確認
5)気になるレッスンを全て比較・問い合わせする


1)目標を決める

レッスン受講を検討する場合、まず自分の目的を明確にするのがおすすめです。
・プロとしてきちんとお金がいただけるくらいになりたい、
・趣味の延長としてイベント出店などをしたい、
・自分や友達に描いて楽しみたい。
レッスンを受けにこられる方の理由は本当に様々です。

趣味や習い事と割り切るのでられば、詳しい知識は必要ありませんし、
レッスン料が安いとか、家から近いなどで選ぶのも良いかもしれません。
もし、将来的にお仕事・お仕事の一部としてメヘンディを取り入れたいと思うのであれば
その時になっても慌てないよう、
曖昧ではない、しっかりした知識・技術を身につけることができるような
レッスンを選ぶ
ことが大切です。

2)教える人が実際に描いたメヘンディや、その人の活動スタイルを確認する

ブログなどの記事や作品の写真などでもある程度判断はできますが、
可能であれば実際に講師がメヘンディを描いている姿を確認するのが一番です。

・コーンを使ってすらすら描いているか?(=ペーストが上手くつくれているかどうか)
・お客様への対応はどうか?(=自分と合うかどうか?)
・どのような活動をしているか?きちんと仕事としているか?
(=講師自身がきちんと集客ができているのか?
活動はイベント出店のみなど趣味の延長のような形ではないか?)

こんなことを確認すると良いかと思います。

趣味の延長として開催されているレッスンが悪いというわけではありませんが、
自分はプロとしてメヘンディをはじめたいと思っている場合、
講師が趣味の延長や本業の片手間のようなつもりでレッスンをしていると、
講師と自分の意識のギャップに悩んでしまうこともあります。

ハート*フールでは、趣味で気軽にはじめたい人へのレッスンはもちろん、
お仕事に取り入れたい方に対しては、
お仕事上で注意するべき点や、お仕事への取り入れ方、宣伝方法などもご相談にのっています。
とくに宣伝面に関しては、スズケー自身が
現役のデザイナー・コピーライター
であることもあり、具体的にご相談にのれますよ~!

3)レッスンの様子やレッスンを受けた人のスキルを確認する

ブログなどで、レッスンを受けた方の様子を公開しているところもたくさんあります。
・講師が描いたメヘンディとレッスンを受けられた方の作品が似ている
・レッスン後の作品が明らかに上達している
などの場合は、その講師の指導力が高い
という事になります。

また、メヘンディは「技術」です。
「感覚」も大切ですが、どうしてこうなるのかという理論がわかっていなければ
レッスン中に「何となくこんな感じ?」で覚えた内容は忘れてしまうし、
応用力も身に付きません。
しっかりと理論を伝えられる指導をしているかどうかはとても重要ですので、
目当てのレッスンがその点をどう考えているか、把握しておきましょう。

ハート*フールのブログでも、
「メヘンディレッスン、ワークショップ 」カテゴリで、
レッスンの内容や様子などを紹介していますので
良かったら確認してみてくださいね!

4)アフターフォローの有無の確認

レッスンを開催しているのに実際の活動経験やお客様への施術経験が少ないなどで、
受講をされた方から、施術やスキルアップの相談や質問をされても、
全く対応できない・してくれないところなどもあります。
レッスンはペースト作りなどの基礎を教えてくれるだけなのか?
その後の描くレッスンなどもやっているのかなど、
自分に必要な内容やフォロー体制がきちんと揃っているかどうか
事前に確認しておくのも大切です。

大々的にスクールを開催しているところでは、
卒業後はそのスクール名を掲げて活動しなければならないなど、
制約が必要な場合もあります。
そういった条件の確認も忘れずに!

5)気になるレッスンを全て比較・問い合わせする

気になるレッスンが絞れて来たら、全てに問い合わせをして見ましょう。
その際の対応などでも、講師の人柄やポリシーなどが見えてきます。
問い合わせは無料ですし、遠慮せず、自分が納得いくまで質問をしましょう。

以上が、レッスンを選ぶ際のポイント。

特に「描く」レッスンに関しては、
講師が自分がいいと思う描き方・ポイントを教えるため、
生徒さんの作品も少なからず、講師の作品に似た雰囲気になっていきます
本気でメヘンディを習いたいと思うならば、
金額や距離で妥協をせず
「この人のメヘンディが好き!この人に習いたい!」
という方に教えてもらうのが一番
ですよ!

o0567042513641429425

-■メヘンディレッスン、ワークショップ