■ハート*フールについて

《スズケーとメヘンディ②》自分でメヘンディを描く

2016/07/30

ハート*フールのスズケーがメヘンディを始めたきっかけと
今に至るまでのザックリとしたお話をまとめています。

インドでメヘンディを描いてもらい、
日本に帰国してからしばらく経った頃。
アジア雑貨屋さんに買い物に行った際に
「MEHNDI」と書かれた商品が目に入りました。
そう、市販のメヘンディコーンです。

売っていたのは2種類。
ひとつは円錐形をした一般的なコーン。
もうひとつは、セメダインや軟膏のチューブにノズルをつけて使うもの。
インドで見た事があるのはコーンだけでしたが、
チューブに入ってるのもあるんだ~と、2種類とも購入しました。
ちなみにこの、チューブタイプの方は、今思い返してみれば、
ヘナの入っていないタール系染料でした。

※タール系染料についてはこちらを参考に
>> 「ヘナ」と「タール系染料」
http://ameblo.jp/keiko-india/entry-11506874884.html

ハート*フールが現在行っているメヘンディのレッスンでは、
まずは紙に描く練習からしてもらっているのですが、
当時の私は「メヘンディ=肌に描く」という感じで
「紙に描いて練習すれば良い」という発想が全くなかったため、
いきなり最初から、自分の手に描き始めました。

今思えばひどいものを描いていたわけですが、
当時の私が実際に体験したメヘンディが前回アップした2回のみだった事や、
当時は日本にはメヘンディの情報がほとんどなかった事から
「すごい!私、ちゃんと描けてる!天才かもしれない!」
と、超ポジティブに思い込み、
自分の手足にどんどん描いていきました。
o0319042513180435295初めて描いたメヘンディの写真は、
以前ハート*フールのfacebookページにアップしていますので、
よろしければそちらを見てみてくださいね。
メヘンディの「描くレッスン」を受けに来てくださった方には
当時の写真ファイルもお見せしております。
昔の作品はひどすぎて「練習を続ければ上達する」といういい見本ですので、
見られるときっと勇気がわくと思います(笑)。

>> ハート*フールのFacebookページ
https://www.facebook.com/mehndi.jp/

>> 《スズケーとメヘンディ③》フリマに出店へ続く

-■ハート*フールについて