├民族衣装など

インドの民族衣装・サリーの着方動画

2016/07/27

最近イベントでメヘンディを描く際によく着ている
インドの民族衣装・サリー。
サリーは、
幅約1m、長さ約5~6mの一枚の布からなる民族衣装です。
チョリと呼ばれる丈の短いブラウスとペチコートを合わせて着るのが一般的ですが、
インドの宗教であるヒンドゥーの考えでは
縫い目もなく断裁されていない一枚の布を纏うのが良しとされており、
本来は、織ったままの布だけをそのまま巻いて着ていました。
現在でもこれに習い、
チョリもペチコートもなしでサリーを着用しているお年寄りを
農村部などで見かけることがあります。
(時々、暑いからだと思ってらっしゃる方がいますが、そういうわけではないのです。)
サリーは、地方やカースト、属するコミュニティによって
様々な着方があります。
私は主に、
一番一般的な着方である「ウルターパッルー」で着ています。
サリーを着ていると、
「どうやって着るの?」と聞かれる事がよくあります。
ハート*フールのサイトでも、
「サリー 着方」「サリー 着付け」と言ったキーワードでたどり着かれる方が
わりといらっしゃいます。
興味のある方が多いようですので、
サリーの着方を動画にし、YOU TUBEにアップしました。

サリーの着方はそんなに難しいものではないのですが、
写真や文章だけではちょっと説明しにくいです。
この動画でわかっていただけるかどうか、ちょっと心配ですが、
自分でサリーを着てみたいという方、参考にしてくださいませ。

- ├民族衣装など