├メヘンディ・ヘナ関連トピックス

メヘンディとは?

2016/07/27

メヘンディとは、インドの言葉・ヒンディー語で
「ヘナで肌を染める」「ヘナで肌に模様を描く」ことを意味します。
日本ではあまり馴染みのないメヘンディですが、その歴史は古く、
北アフリカ、中東、インド、西アジアなど、様々な地域で愛され、人々の肌を染めてきました。

世界各地に伝わるメヘンディですが、どの地域にも共通しているのは、
メヘンディには邪悪なものから身を守る力や、幸運を呼ぶ力があると信じられていること。
特にインドでは、メヘンディを描くために必要な植物・ヘナは、
幸運の女神ラクシュミーが最も愛する植物と言われており、
祭り事や、めでたいことがあると、女性達は必ず、メヘンディを施します。
特に結婚式にはメヘンディは欠かせないものとされており、
結婚前夜には「メヘンディ・ラート(メヘンディの夜)」と呼ばれる儀式も行われます。
この儀式では、花嫁の手足にびっしりとメヘンディが描かれ、
「メヘンディの色が濃く出る程花嫁は幸せになれる、嫁ぎ先で大切にされる」と信じられてます。

メヘンディは、中東・北アフリカ・中央アジアなど数々の地域で、伝統文化として現在も伝えられており、最近では欧米でも手軽に楽しめるエキゾチックなインスタント・タトゥとして注目されています。

インターネットを検索していると、
「メヘンディ」「ヘナタトゥー」「ヘナアート」など、様々な言葉が出てきますが、
どれも同じ「ヘナで肌を染める」「ヘナで肌に模様を描く」ことを指しています。
「メヘンディ」は、前述しましたように、インドの言葉・ヒンディー語。
「ヘナタトゥー」は英語で、欧米諸国ではこの呼び方の方が通りが良い様です。
「ヘナアート」は英語ですが、日本や韓国を中心に使われています。
(欧米諸国では「ヘナアート」ではなく、「ヘナボディアート」と呼ばれます。)

最近でこそ、日本でも知られるようになってきたメヘンディですが、
私がメヘンディを描き始めた2001年には、
メヘンディを知っている人はほとんどいませんでした。
日本で活動している方はもちろん、
日本語で書かれたメヘンディに関するWEBサイトもほとんどなく、
インド人の友人達に色々聞いたり、
インドに旅行に行った際にメヘンディ屋さんに押し掛けながら、
試行錯誤してメヘンディについて知識を集めました。

現在は日本各地で数多くの方がメヘンディ・ペイント活動を行っており、
その活動をWEBサイトでも見ることができます。
(ハート*フールのWEBサイトにもリンク集があります。)、

- ├メヘンディ・ヘナ関連トピックス